スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAISEMA 2


30日にご一緒するピアニスト福士恭子さんのCDがレコード芸術9月号の特選盤に選出されました。


『Finnish Piano Music CANTUS ARCTICUS』
シベリウス:組曲<ペレアスとメリザンド>
リンドベルイ:ジュビリーズ
ラウタヴァーラ:カンテュス・アルクティクス(極北の歌)
「福士のピアノには作品とその土地と人々の精神への共感があり、作品に寄り添うように奏でていてとても説得力がある」
「シベリウスの詩的感受性が生きている」
「リンドベルイ・・・聴いていて澄んだ空気と詩情が伝わる」
「ラウタヴァーラ・・・様々な鳥の啼き声とピアノが絡み合うのだが、両者の対話が思いのほか劇的で感動を誘う」
そして「それにしても北欧の鳥はワイルドだ」!

30日、楽しみですね。

河口湖でお待ちしています。
さて、テキスタイルも仕上げにかかります。そう、今から・・・フレフレ!
 
関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。