FC2ブログ

秋桜

陽射しが強くなって来た運動会、小学校の校庭で観客エリアからぐるっと校庭を見渡すと様々な笑顔で満ちていた。 老若男女の顔から幸せや喜びや楽しさがこぼれていた。
もちろん勝ち負けがあるから面白いのだけれど、入退場でカメラを向けた家族席に手を振ったり、不慣れな解説を一生懸命さでカバーするアナウンスに慣れたり、場所取りはしたけれど撮影に夢中でちっとも陣地に戻らない観客大移動など、どれもこれも無邪気に頑張る小学生がそこにいることがなにより大切なことなのだ。



朝、ポテトサラダのジャガイモをつぶしながらこれまでのことを振り返ってしまう。 甥は5年間、代表リレーの選手に選ばれて、ゴールテープをきったこともあれば怪我のためにこされたり棄権したこともある。そして6年生の今年は、代表リレーの選手に選ばれなかった。運動会の話をあまりしないなと思っていたらそういうことか。

夏休みに「おととしまでは自信があったけれど、冬にさぼっているから筋力が落ちてる」とぽつりとこぼした。 筋(すじ)が弱い。野球の試合が近いと体育で走ることを控えたりする一方で、多少違和感があっても試合が近いと練習に参加したり―そのときはもうとりかえせない。それがわかっていての決断だった。

楽しい運動会だったらそれでいい。
毎年、秋晴れにぴったりの心地よい風のような一日を経験させてくれて、携わる全ての方に感謝だ。

まー楽しそうで、調子づいて、拍手喝采の運動会でした。
大きくなったと思っていたけれどまだまだのようで、組体操ではいつも上。 カメラ担当は楽をさせていただきました。
リレーのときは、気になって、でもね、うん。


 精一杯の応援合戦、優しさや思いやりが垣間見える競技進行、この日の準備に費やしたことは計り知れなくて、そして子供たちの笑顔をあびて、これ以上うれしいことがありますか。

マフラー
今年初冬の個展へ行くマフラーです。

運動会の終了後、2時間後にはyou tube。 うん、だって社会では汚職のためと、説明がつかない選挙が行われて、話し合いよりも武力だとトップがいっていて、それよりもヒカキンさんの方が魅力的だよね。 かつてドリフが貧乏だったりバカを上手に笑いにかえてくれたように、そこにきっと希望があるのだろうな。 「これ家で食べたいな。とっといて!」 お弁当のときに確保したブルーベリームースを片手にだらだらです。甥にとって果物の一等賞はブルーベリーなのでした。Wさんからいただいたソースが大活躍です。

くるくるケース
早稲田大学オープンカレッジ秋講座のサンプルです

このような暮らしがあたりまえであることが心に沁みる。  運動会に参加できない、カメラを買う余裕がない、家族、家庭、身体、心、いろいろ。 そして運動会がおこなわれることも、貴重なこと。

5時に起きて じゃがいもをつぶしながら肌寒く薄暗いなか胸を熱くし、最後の運動会の朝を迎えました。
そして翌朝の今朝5時 いつものように糸車を回す朝です。



秋花壇

昨日の小学生は朝日よりも煌めいて眩しかった。 
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply