FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の草木で染めを楽しむひととき 早稲田大学オープンカレッジ 

萩 勝沼

10月に1回目をむかえた早稲田大学オープンカレッジの「草木で染めを楽しむ 2018秋」、先日11月10日、2回目が無事に終わりました。

10月には勝沼の萩で染めました。絹糸や、シルクスカーフ、綿麻生地を灰汁媒染とおはぐろ焙煎を用いての染めのひととき。
万葉集に多く登場する萩、ちょうど月見の季節に見頃を迎えます。

花の盛りがすぎた萩を剪定をするように枝ごと伐り染液をとりました。

ランチバッグ

渋いカーキ、利休鼠とも利休茶とも陽射しで見える色合いでした。

灰汁媒染の生地とおはぐろ媒染の生地を会わせてA4が入るバッグも並べてみました。

萩

11月は金木犀で利休鼠を染めました。
12月には桜の落ち葉、または花水木の落ち葉、落ち葉がないようでしたらどんぐりで・・・というお話になっています。

火や水、お道具への気持ちや扱いはどの草木を手にする時も一緒です。
ひとつひとつの草木で染め方に知恵や工夫があり、それをお伝えしたりわかちあったりする楽しいひとときです。

染まりやすい素材、香りがいい植物、葉の力、根の力、樹皮の力、その歴史など
物語がたくさんあり、どちらを紐解いていきましょうかと、悩むのも楽しいものです。
金木犀などは本当は雌、雄とありますけれど目にするのは雄ばかり、また柊かと思ったら白い花にいい香りが・・・、桃色と桜色の違いとその歴史はなどなど、きりがありません。

好きだからこそ植物に触れて染めていく。
愛情があるから、そこからいただいています。

萩勝沼2

関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。