FC2ブログ

植物染め教室をはじめます

気持ちのいい風、なにかしないともったいないとつい欲がでてきます。
パラソルを出して道具を洗いながら、いい季節だなと景色を見渡します。そして今朝自転車で採って来た蓬の葉を刻み染めの準備を進めます。

昨年度3月で13年続けていた早稲田大学オープンカレッジの草木で染めを楽しむ講座が終了しました。なんと豊かで楽しい時間だったことか!
毎回、毎回不安でしたから、3時間の講座のあとの「終わったー!」という安心からの脱力、そして解放感が心地よく、それでも心身ともにくたくたとなり、高揚がおさまらないまま電車にのり家にかえると愛犬が「おかえりー!」ジャンプ20回で迎えてくれそのままお方付けーこの流れを何度となくくりかえした13年は私にとっては充実したひとときでした。

IMG_1998.jpg

この講座に携わってくださった皆様、受講してくださった皆様、本当にありがとうございました。至らぬ点が多くご指導いただくこともありました。
また大切にしてきました講座の時間で、多くのことを学ぶことができました。

そして今度は場をかえて山梨の工房で染めの教室を開催することとなりました。
実際に染材となる植物が生息しておりますので、植物で染めることをより実感されることと思います。
晴れたら正面に富士山を拝み、川風の調べに耳を傾けながら染めていきます。

興味をお持ちの方は、ぜひお問い合わせくださいますようお願いいたします。
HPのお問い合わせフォームからも受けつけております。

参考までに第一回目で染められるストールの写真です。
このほか帆布や風呂敷等も可能です。

cotton.jpg
コットンスカーフ

linen.jpg
リネンスカーフ




日程

 6月1日(土)、 5日(水)  野ばら染め 植物性繊維を染めます
  (または柿の葉) 帆布、リネンスカーフ、手ぬぐいなど

 8月3日(土)、 7日(水) *藍の生葉染め 動物性繊維を染めます
    シルクスカーフ、羊毛などから選択

 9月4日(水)、 7日(土)  生柿渋染め   団扇、吾妻袋など

10月2日(水)、 5日(土)  胡桃染め 風呂敷、帆布、糸など

12月4日(水)、 7日(土)  落ち葉染め   動物性繊維を染めます
    帯あげ、絹糸、羊毛、スカーフなど
2020年
 1月8日(水)、11日(土)、2月5日(水)、7日(土)
   紫根染め 動物性繊維を染めます
    帯あげ、絹糸、羊毛、スカーフ

各回の1週間前までにお申し込みをお願いします。定員に達しましたら締め切りとさせていただきます。
お申し込み後に、メールまたは封書にて生地や糸をご連絡します。いくつか候補を上げますのでその中からご選択いただいきます。糸染めも可能です。
各回3名から5名までです。1日で1作品を染めます。
ただし紫根染めは2日間かかりますので原則2日間のご参加をおすすめします。
*藍の生葉染めの他、希望される方は藍の発酵建て染めも可能です。
季候により染材となる植物を変更させていただくことがあります。

クリックしていただきますと拡大表示されます。

植物染め教室

1日かけてしっかり染めていきます。
不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

雉子やいたちの棲む、そして春の日射しの居る春日居でお待ちしております。

お申し込み/お問い合わせ
川風の調べと紡ぐ家
テキスタイル
飯島たま
〠406−0004山梨県笛吹市春日居町小松699−1
☎0553−37−1482
tamayula@gmail.com



和綿の手紡ぎ植物染め手織りのハンカチです。

関連記事
スポンサーサイト
  • Comment:2
  • Trackback:0

Comments 2

celeste  

13年間続けてくださって、本当にありがとうございました!
私が携わったなかで間違いなく一番長く続けていただいた講座だと思います。
たまちゃん、本当にありがとう。

2019/04/24 (Wed) 05:52 | EDIT | REPLY |   

TAMA IIJIMA  

Re: タイトルなし

こちらこそ素晴らしい機会をいただいて感謝の気持ちでいっぱいです。
さらっと終わったけれどcelesteさんのコメントで胸が熱くなり寂しさが込みあげてきました。
携わってくださった皆様に恩返しができるように精進します。
ありがとうございました。

2019/04/24 (Wed) 20:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply