スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Harvest

紫根を収穫した。3年ものです。

群れになって咲く、ムラサキの5月です。

ムラサキ

そして3年目はこちらです。

紫根2

掘りました。

紫根3

ほぼ全てを川原や庭や畑や山に生きる草木を採り水や火とこの身体を用い生まれてくる色で制作している。ただ紫だけは自生のものでは足りず購入していた。

紫根はごぼうのように土がついている。この土とともに色素がおちないように土壌が乾燥した冬に私は掘る。雪が多い今年、そしてまだまだ霜が降りる朝を迎える弥生の今日はまだ充分乾燥していなかった。

紫根

ただ立派じゃないか。やっぱり収穫は喜びなのです。
これがあの紫の下なのだ。

ブローチ

定番のショール「ブロック紫」なり。
テノナル工藝百職さんブログ「百職手帖」より転載いたしました。

根本、roots、なのだ。


関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。