スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

butter

バターを作った。
お気に入りのバターがなかったので生クリームを買って振って振った。予想どおりの手間だった。「あー、これならまたできる。ちょこっと楽しい」くらいです。元バレーボール部で元コントラバス奏者で、テキスタイルを制作している人間の筋力です。

マーガリンではなくバターをトーストにすこし塗ります。
自作か友人作のジャムか蜂蜜をそこにすこし添えます。
パンが好きなのです。醸されて醗酵して香ばしいものがいいのです。

納豆やぬか漬けや味噌、ワイン、マーマイト、チーズ、ウイスキー、煎餅、するめ・・・。
だから耳が一番おいしいと感じますし、薄切りしたパンをフライパンでから煎りしてそのままいただくこともあります。いくらでも食べてしまうので、すこしのバターとジャムなどでしっかりと満足し朝食を終えます。
自作のバターは期待通りの味でした。おいしい。

すこしだから、おいしいものをすこしづつで満たされているので、おいしいバターを1年に3瓶(160g×3)くらい食しています。毎日毎朝ではないのですが。
リズムがある方が効率が上がるため朝ご飯を「さて、朝ご飯」といただきます。このあたりには「あさづくり」という言葉があり朝食前にする仕事をさします。あさづくりを2時間くらいしたら「さて」となります。

「あさづくり」で紡ぎ「さて」と織ります。
cotton.jpg

お昼にはお庭の葉っぱをちょこっと採ったり、制作したモノを撮ったりします。
昨年バリバリと芋虫が食していたパセリも越冬し立派になりました。あとは野生のルッコラや土筆やいただいた法蓮草、水菜などですね。
IMGP1157.jpg

では、お知らせすることもありますので、また近いうちに。
寒くて、例年の4月のこういう日々を思い起こしながら、明日は晴れますように。

どうか、どうぞ明日、お元気で。

IMGP1165.jpg


やっぱりおにぎりはおいしい。
7割は梅か塩むすびにお味噌汁と生野菜と果物・・・贅沢な「さて」という気にさせる朝ご飯です。
関連記事
スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。